合宿免許のメリットとデメリット

自動車の運転に必須で、身分証明にもなる運転免許証は、車を保有・運転する予定がない場合でも役に立ちます。

運転免許の取得でネックとなるのが高額な料金です。

教習所によって若干の違いはありますが、25万円~30万円ほどかかります。

少しでもお得に免許を取得したいという人におすすめなのが合宿免許です。



合宿免許は短期集中型のトレーニングで、およそ2週間で運転に必要な知識や技能を身につけます。


合宿免許で支払う金額は、通学で取得する場合と比べて大きな差はありませんが、宿泊費と食費が料金に含まれているのでトータルで見るとかなりお得です。



浮いた費用で少しグレードの高い自動車を購入してみるといいでしょう。

合宿免許はメリットだけでなくデメリットも存在します。

合宿形式なのでまとまった休暇を取る必要があり、社会人が利用するのは難しいです。

そのため利用者は長期休暇中の学生が多くの割合を占めています。
通学と比べて人との距離が近く、交流が盛んなので、性格が内気な人は苦労するかもしれません。

これを言い換えると、積極的に友だちを作りたいという人にはぴったりの場所だといえます。
免許合宿はコストパフォーマンスが良いので常に人気が高く、参加者がすぐにいっぱいになってしまいます。「参加しようと思ったら締め切られていた」という事態はよくあるので、早めに予約を入れておくことをおすすめします。

多少の短所はありますが、免許合宿の特徴は非常に魅力的で、参加することで得られる利益は大きいです。