仮免許取得者の合宿免許

合宿免許のプログラムというのは、自宅からドライビングスクールに通学する場合のプログラムと、内容的には特に変わりがありませんが、合宿で自宅からの移動などの無駄な時間が省略できる分だけ、毎日の日課のなかに技能教習や学科教習などを詰め込んで、より早く卒業に至ることができるようにしています。

このため、合宿免許というのは、卒業までの時間が短縮できる反面、当初の計画を変えて自由に受講するということがむずかしくなっているのもたしかです。



たとえば、ドライビングスクールで仮免許を取得する段階までは至ったものの、なんらかの理由で卒業までには至らず、標準的な期間との関係からその後の履修を放棄せざるを得なくなってしてしまったということもあり得るわけです。

しかし、このように仮免許までは取得しているという人が、新たに正規の運転免許証を獲得したいという場合には、もちろんはじめから合宿免許のすべての課程を受講してもよいのですが、仮免許取得者のための特別な合宿免許のプログラムに参加するという方法もあります。



これはすべてのドライビングスクールで受け付けているわけではないので、インターネットやチラシ、パンフレットなどを十分に確認する必要はありますが、もしもこのような特別な合宿免許を受講できた場合には、1週間程度で卒業をすることが可能ですし、しかも料金的にも通常の半分程度になり、仮免許を取得したことが無駄にはなりません。