合宿免許に必要な持ち物

合宿免許では、2週間自宅に帰ることができないわけですから、忘れ物がないように注意しなければなりません。

簡単なものであれば、コンビニなどで調達することもできますが、できるだけ忘れ物をせず余計な失費のないようにしたいものです。合宿免許に参加するにあたって、絶対に忘れはならないものがあります。それは入校時に必要な書類で、それがなければ合宿免許自体を始めることができません。
その必要書類とは、住民票、身分証明書、印鑑、再取得の場合は運転免許証などです。万一に備えて健康保険証なども持参すると良いでしょう。

次に、教習所で必要なものとして、教科書などを入れていくためのカバンが必要です。



大きな旅行カバンだけでいくと、教科書や書類などを入れて持ち運ぶときに不便です。



教科書や書類などが入るサイズのカバンも必ず用意するようにしましょう。
また。

筆記道具なども必須です。

次に、合宿所で必要なものとして、運転しやすい服と靴、着替え、傘、目が悪い人は当然メガネやコンタクトレンズ、携帯電話の充電器、洗面道具、宿泊施設に備え付けがない場合は石鹸やシャンプーなどが必要な場合もあります。



洗濯できれば、2週間分の着替えは必要ありません。さらにあると便利なのが、ハンガーや延長コード、スリッパ、インターネットができる環境であればパソコンも持参すると便利です。

ただ、あまり荷物が多くなると、移動が大変なので必要最低限プラスアルファにしておくと良いでしょう。